【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みならソレイユ総合律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約

離婚後も子供と会いたい

離婚後、相手が親権者となったあとも、定期的に子供と会うことができます。法律上は、面会交流とか、面接交流、といいます。
 
離婚にあたって、夫婦の間で、いつ、どのように会うか、どれくらいの頻度で会うか、円満に決められれば良いのですが、親権を持った側は、多くの場合、相手に子供を会わせたがりません。
  IMG_6958.jpg

「妻の浮気が原因で離婚しました。子供が小さいので、子供のことを思って親権者は妻ということで納得しましたが、妻が子供に会わせてくれません。このまま会えなくなってしまうのでしょうか。」といったご相談もあります。

 

この場合、父親は、子供に会うことができます。面会交流は、まず、子供自身の権利でもあります。いくら母親(父親)といえども、子供が実の親に会う機会をむやみに制限することはできません。
 
夫婦間で話し合いがつかない場合には、家庭裁判所が、双方の希望、子供の年齢、生活状況などを考慮して、回数や方法を決めます。
 
では、親権者となった側は、必ず子供を相手に会わせなければならないのでしょうか。
 
「DV夫からようやく逃げる勇気が出て、離婚することができました。それなのに、今度は、夫が子供に会わせろとしつこく言ってきます。会わせなければいけませんか。また夫とかかわるのが恐怖です。」というご相談も多くあります。

 

この場合、しばらく父親に会わせないでいることもできます。面会を認めると子供に悪影響がある、子供や母親の生命、身体に危険があるような場合には、面会交流は制限されるのです。
 
また、離婚に向けた話し合い中に、相手が子供を実家に連れ帰って会えないようにしたり、極端な場合は、幼稚園や保育園帰りにそのまま連れ去ってしまうこともあります。

 

そのような場合には、早急に裁判所に対し、子の引き渡し命令の申立てをして、もとの状態に戻すことが、子供のためにも、親のためにも、大変重要となります。
 

当事務所の解決事例

夫との離婚を考えていたIさん。Iさんの夫と姑は、上の子(4歳)は絶対に渡さない、と主張して、Iさんと下の子だけを追い出してしまいました。女性相談センターから当事務所を紹介されたIさんは、すぐに相談に来てくれましたので、ご相談いただいたその日のうちに、裁判所に対し子の引き渡し命令を申立てることができました。

これまで上の子の養育を担っていたのはIさんであり、上の子もまだ幼く、母親の存在が重要であることから、裁判所からは、夫からIさんに上の子を引き渡すよう命令が出て、弁護士立ち会いのもと、無事にIさんのもとに上のお子さんが戻ってきて、異例のスピード解決となりました。その後、夫は親権も主張しましたが、Iさんが2人のお子さんの親権者となることもできました。夫は結局面会交流を求めることはなく、Iさんは県外に転居しお子さん2人と穏やかな生活を送っています。

 

よくお問い合わせいただくご相談内容 TOP3

話合いをしっかりしたい!
協議(話合い)離婚について
不倫がばれた・見つけた
慰謝料請求について
夫・妻からのDVが辛い、
早く離婚したい!
rikong.png money_satsutaba.png rikon_todoke.png

協議離婚について

慰謝料請求について

DV・モラハラによる離婚


離婚と子どもについてはこちらもご覧下さい

●子どもの親権 ●面接交流権 ●離婚後に子供と会いたい、居場所が分からない

離婚についてはこちらもご覧下さい

●離婚手続について ●離婚とお金について ●子どもの親権について

離婚・相続問題のご相談ならソレイユ総合法律事務所へ 022-797-2426

ご相談の流れはこちら

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●ご相談の流れ

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2018ソレイユ総合法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.