【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みなら仙台ソレイユ法律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 相続・遺言
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 弁護士によるご相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約
  • HOME
  • 遺留分の問題について

遺留分の問題について

Q 遺留分とはなんですか。

IMG_7208.jpg  
「妹に全財産を譲る、という遺言があったけれど、自分に取り分はないのか、遺留分という言葉を聞いたことがあるのですが。。。」と、ご相談者からよくご質問を受けます。

 

民法では、一定の相続人に対し、最低限度の相続財産を保障しています。これが遺留分です。
というのも、被相続人が、誰か一人に、極端な場合、愛人に全財産を譲るとした場合、残された配偶者や子供たちに一銭もいかないというのでは、あまりに不当ですし、彼らが経済的に苦境に立たされることもあるからです。

 

もっとも、遺留分は、何もしなくとも当然にもらえるものではなく、請求をしなければ受け取ることができません。この遺留分を受け取るための請求を遺留分減殺請求といいます。
 

Q 遺留分減殺請求を行使できるのは誰ですか。

遺留分減殺請求を行なうことができるのは、被相続人の子どもと配偶者、そして親になり、兄弟姉妹には認められていません。

 

そのため、遺言が「兄弟や姉妹に相続させない」という内容なら、亡くなった人の兄弟や姉妹は、相続財産を受けとる権利が一切ありません。

 

Q どれくらい遺留分としてもらえるのですか。

被相続人の配偶者や子供は、各自の法定相続分のさらに2分の1です。

たとえば、配偶者と子供3人の場合、配偶者は法定相続分2分の1のさらに2分の1で、4分の1です。子供は、法定相続分が6分の1で、さらにその2分の1なので、12分の1、となります。

 

被相続人に子供がおらず、父母が相続人となる場合は、これと異なります。
 

Q 遺留分減殺請求はいつでもできるのですか。

遺留分減殺請求は、「相続の開始または減殺の対象となる贈与又は遺贈があったときから1年」の間、行使できることになっています。
 
遺留分が問題になる場合には、相続人間でのトラブルが非常に多いので、トラブルを最小限にするためにも、まずは相続の専門家である弁護士にご相談されることをお勧め致します。
 

遺留分についてはこちらもご覧下さい

●遺留分の問題について ●遺留分減殺請求をするには
●遺留分を減殺請求されたときの対応 ●遺留分減殺請求されないために

相続についてはこちらもご覧下さい

●遺産分割協議のポイント ●遺留分の問題について ●特別受益と寄与分 ●遺言 ●相続放棄


離婚・相続問題のご相談なら仙台ソレイユ法律事務所へ 022-797-2426

ご相談の流れはこちら

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●ご相談の流れ

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2015仙台ソレイユ法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.