【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みならソレイユ総合律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約

【解決事例】婚約者の不貞により、婚約破棄し、慰謝料請求ができた事例

IMG_4337.jpgのサムネール画像  

依頼者の属性:女性 20代 会社員

相手方の属性:男性 20代 会社員

争点:婚約破棄に伴う慰謝料

解決期間:3ヶ月

 

依頼背景

ご依頼者と婚約をした相手方が、婚約後、複数の女性と不貞行為を行い、婚約破棄となりました。これによりご依頼者様は心を痛め、相手方から慰謝料を請求したいと考え、弁護士に相談されました。
 
 

当事務所の弁護士が実施したこと

不貞の人数、回数等、ご依頼者様が有している証拠を見せていただき、今後の方針、請求額を検討しました。相手方に対し、慰謝料を請求する旨の受任通知を送付し、まずは電話にて交渉しました。
しかしながら、相手方に金銭的余裕が無く、慰謝料の支払いに応じられないとの回答であったため、調停を申し立てました。
 

 結果

2回の調停期日の中で、これまでの経緯や、相手方の不貞を認めさせ、慰謝料を支払わせることができました。 
  

先生からのコメント

婚約破棄の事案は、婚約の成立の立証が問題となることが多いです。本件の場合は、相手方が婚約を認めていたため、問題となりませんでしたが、一般には、婚約指輪の購入や、結納、親への挨拶などを元に、婚約の成立を立証していく必要があります。
 
不貞の証拠に関しても、LINEでのやり取りや、動画、写真などが証拠になりますので、そのような証拠がある場合には、しっかりと保存しておくことが重要です。
 

不倫・慰謝料請求の解決事例はこちらから

No. 解決事例タイトル 内容
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
不倫
慰謝料
9 離婚後の生活費を支払えと元妻に言われていた事例 財産分与
10 婚約者が不貞行為により、婚約破棄し、慰謝料請求ができた事例 慰謝料請求
11 自身の不貞行為に対して請求された慰謝料を半分以下に減額した事案 不倫
慰謝料

離婚・相続問題のご相談ならソレイユ総合法律事務所へ 022-797-2426

ご相談の流れはこちら

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●ご相談の流れ

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2018ソレイユ総合法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.