【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みならソレイユ総合律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約

不倫相手の妻との間で、弁護士が交渉を行い慰謝料の減額を実現した事例

・ご依頼者様属性:30代 女性 会社員 
・相手方:20代 女性
・受任内容:相手方からの慰謝料請求の対応



ご相談背景

 ご依頼者様は、既婚の男性と不貞関係にあり、この関係が不貞相手の妻(相手方)に発覚し、ご依頼者様は、相手方から慰謝料請求をされました。また、相手方がご依頼者様の自宅まで訪問する事態が生じ、その相手方への対応と慰謝料請求への対応について当事務所にご相談いただきました。
 

ご相談内容

・弁護士を窓口として相手方との話し合いを進めたい。

・慰謝料を減額したい。

 

弁護士対応

 担当弁護士が、相手方に対し、依頼者への直接の連絡を止めてほしいという趣旨の通知を送付しました。相手方からは、本人への直接の連絡がなくなり、弁護士宛に、不貞の慰謝料として依頼者へ100万円を請求したいという旨の連絡がありました。
 不貞の慰謝料の額は、相手方の夫婦が離婚しているかどうかによっても変動するため、当事務所としては相手方の夫婦関係について確認を行いました。相手方の夫婦の婚姻関係は、継続しているとのことでしたので、その点が減額交渉のポイントになると考えました。

 また、相手方は、不貞に関し、事実関係の確認や謝罪を求めていました。不貞をしたことについては依頼者に非があったため、認めるべき部分は認め、謝罪することと、不貞相手である男性(相手方の夫)と今後一切接触しないことを約束することによって、減額の交渉をスムーズに行うことができました。
 

結果

 100万円の請求額を半額以下の40万円に減額しました。

 

ポイント

 相手方の夫婦関係等の事実関係を確認し適正な慰謝料額を念頭に交渉したこと、感情的になっていた相手方に対し、ご依頼者様が誠意をもって謝罪をしたことが、減額のポイントとなりました。
 

 

 
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2018ソレイユ総合法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.