【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みならソレイユ総合律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約

離婚をしてくれないDV夫から慰謝料・財産分与550万円を獲得できた事例

ご依頼者情報

依頼者:30代女性
 遠方から地元である宮城県に夫のDVから逃げてきました
相手方:夫
 上場企業に勤めており、給料が安定しています

子供:小学生未満

ご相談背景

ご依頼者様が離婚を切り出したが、夫が離婚したくないと言っていました。夫は自分が変わるからと言っていましたが、生活費を払ってくれないので弁護士を入れて離婚したいと思いご相談されました。

ご相談内容

生活費については、夫が給与生活者・高所得だったため、スムーズに夫に対して月額20万円以上の婚姻費用を請求することができ、それと同時に離婚の調停を起こしました。
モラハラをする夫の特徴として、自分を怒らせる・暴力をさせるような妻が悪いという発想になりやすく、慰謝料を一切払いたくないというスタンスでした。
また、預金や保険など多くの金融資産があったが、それらも分与したくないとのことでした。

ご依頼の結果

夫としては特にDVの慰謝料の部分について納得できないというスタンスでしたが、妻がどれだけつらい思いをしてたか、どういう想いでやむなく家を出たかを時系列に細かく書いて裁判所に提出しました。
通常調停において書面などを出すことは多くありませんが、ご依頼者様の気持ちを伝えるために準備したところ、調停委員が全面的に内容を認めてくれることになり、夫もようやく納得し、ほぼ、こちらの主張を通すことができました。
ご依頼者様も早期解決を望んでおり、裁判に移行することは望んでおらず、調停で終了することができました。
慰謝料・財産分与は550万円を獲得することができました。
養育費は18万円/月で22歳の3月末まで支払われることになりました。

事例解決のポイント

解決期間:1年半
依頼者様のつらさを証拠を元に細かく伝えたところ、夫に、妻を苦しめ続けていたことを認識させられたことがDVの慰謝料を認めさせるポイントとなりました。
証拠とともに、どんなにつらいことがあったかどうかのメモを残しておくことは有利に働きました。また夫が暴力をふるっていることを認めるようなLINEの証拠などもあると良いと思います。
離婚・相続問題のご相談ならソレイユ総合法律事務所へ 022-797-2426

ご相談の流れはこちら

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●ご相談の流れ

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2018ソレイユ総合法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.