【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みならソレイユ総合律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約

夫の暴言の証拠をとっていたことで自身の財産分与額を200万円減額できた事例

・相談者属性:40代 女性 会社員
・相手方:夫 40代 自営業
・子供:2人
・受任内容:ご依頼者様は離婚を請求したい


ご相談背景

当初夫と同居していましたが、夫の暴言・モラハラに精神的に苦しんでおり、離婚をしたいと思っていました。しかし、話し合いがほとんどできていないまま、この後夫と別居されました。

今後夫との離婚の話しあいを弁護士に窓口として行いたいため、当事務所にご相談いただきました。
 

ご相談内容

ご依頼者様は

①夫が離婚を応じないの対応

お子様方の親権と養育費(算定表の通り)を取得したい

と当事務所に依頼しました

 

弁護士対応

弁護士は直接に相手方と交渉を行いましたが、離婚に応じないため、離婚調停を申立てました。また、ご依頼者様は相手方と別居しているため、婚姻費用の調停も合わせて申立てました。

 

離婚調停でも、相手方は離婚に応じなかったため、離婚調停は不成立となり、婚姻費用のみ調停が成立しました。その後、離婚訴訟を申立て、最終的には離婚訴訟中で和解ができました。

 

親権はご依頼者様が取得し、養育費は算定表に従った金額をもらいました。

 

財産分与について、ご依頼者様の1/2の分け方だと約300万円を相手方に支払うことになりますが、弁護士は同居中の暴言やモラハラによる慰謝料を主張し、最終的に財産分与の額を約200万円減額できました。

 

結果

婚姻費用が早期に決まったため、それが相手方の負担になり、離婚に消極的だった相手が離婚に応じるきっかけの1つになりました。

法的には慰謝料が認められにくい事案ではありましたが、訴訟の中で相手の暴言などの証拠を提出することで、和解において本来依頼者が支払うべき約200万円の財産分与額を減額させることができました。

 
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2018ソレイユ総合法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.