【女性弁護士】仙台市青葉区で離婚・相続問題でお悩みなら仙台ソレイユ法律事務所 Sendai Soleil Law Office

undefined

受付時間 平日9:00~17:00 弁護士による相談時間 平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)

  • TOP
  • 離婚
  • 相続・遺言
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 弁護士によるご相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約
  • HOME
  • 弁護士紹介

弁護士紹介


各弁護士の写真をクリックすると各弁護士の紹介文へリンクします。

木坂先生.PNG     川﨑先生 (2).PNG
 

弁護士 木坂 理絵

IMG_7047.jpg  

経歴

1999年 大阪大学法学部法学科卒業
2001年 大阪大学大学院法学研究科博士前期課程修了
松下電器産業株式会社入社 本社法務本部配属
2003年 司法試験合格
2005年 検察官 就任
2007年
検察官 退任
弁護士登録 
仙台市内の法律事務所に所属
2013年 仙台ソレイユ法律事務所開設

 

所属

日本弁護士連合会
仙台弁護士会(登録番号35112)
仙台弁護士会 両性の平等委員会 
仙台弁護士会 消費者問題対策特別委員会
前宮城県男女共同参画法律相談担当弁護士

 

仙台に来た理由

私の父は出張の多いサラリーマンで、日本全国飛び回っていました。私が幼少のころから、よく仙台の美しさは聞いていました。私自身も、父の転勤、自分の転勤で、福岡、大阪、東京、横浜などで暮らしたことがありました。
 
弁護士として開業するにあたり、父の話を思い出し、福岡、広島、仙台など、人が多すぎず少なすぎず、暮らしやすいと思われる都市にしばしば足を運び、その地の友人知人から話を聞き、将来の子育てを考えたときに最も環境が良いと思われた仙台の地を永住の場所に選びました。

 

東京から仙台へ転居して、はじめて弁護士事務所に出勤するとき、自転車で5月の定禅寺通りを走ったときの美しさ、爽やかさは今でも覚えています。
 
仙台で開業して8年以上になりますが、この選択は正しかったと思います。
 

趣味

高校時代は、ハードロックのバンドを組み、ドラムを担当していました。また、仙台弁護士会の弁護士有志で結成したビックバンドでもドラムを担当しています。音楽が好きなので、そのほか、ピアノ、フルートをたしなんでいます(本当に「たしなむ」程度です)。

 

また、テニスも好きですが、さっぱりうまくなりません。大学時代、テニスサークルに所属し、日焼けで真っ黒になるまでやっていたにもかかわらず、出産前まで通っていたテニススクールでは下から二番目のクラスでした。

 

ご挨拶

私は、民間企業の法務部に勤務した後、司法試験を受験し、幸い合格し、検察官を経て、弁護士となり今に至ります。

 
企業の法務部にいた頃は、新規事業の立ち上げを法的側面から支え、数々の契約書を作成し、数億、数十億単位のプロジェクトに関わりました。
  IMG_7223.jpg

しかし、日々、疲労感とある種の達成感はありましたが、他方で、こんなはずじゃない、という声がどこかから聞こえていました。どれだけ自分の仕事が「大きい仕事」でも、新聞の一面や経済紙面を賑わしたとしても、私の中では、生身の人間が感じられる仕事、人からの感謝が直接感じられる仕事に携わりたいという思いが強くなっていきました。

 
小さい頃、「人にはやさしく」とか、「嘘はいけない、正直に」とか「正義は勝つ」などと教えられますし、絵本の中ではやさしい人や正直な人が報われますよね。
けれども、現実の世界はどうでしょうか。

 

IMG_7194.jpg   大人になるにつれて、実際には、世の中には理不尽なこと、不合理なことが多く、やさしい人が傷つき、正直な人が騙されて馬鹿をみることも多いということを否応なしに思い知らされます。
もちろん、賢く立ち回ることも必要ですし、子供のころの世界は夢物語かもしれません。しかし、私は、自分の目の届く範囲だけでも、理不尽なこと、不合理なことをなくしたい、人のやさしさや素直さ、正義が守られるお手伝いをしたいと思い、法曹(弁護士、裁判官、検察官)を志しました。

法律家としてのスタートは検察官でした。

 

検察官というのは、ある人が犯罪を犯したのかどうか捜査し、犯人である場合には、起訴する(刑事裁判にかける)かどうかを決める仕事です。
  IMG_7080.jpg
この仕事を通じて、短期間に信じられないほど多くの人のお話を聞きました。
というのも、検察官は、被疑者だけではなく、被害者の方、目撃者の方、ありとあらゆる関係者の方のお話をお聞きして、事件の中身を掴み、適切な判断を下す必要があるからです。

 

このときの経験は、その後の弁護士としての仕事に非常に役立っています。また、警察の方と連携してお仕事をしたのもかけがえのない経験です。
 
その後現在に至るまで、弁護士として、離婚、交通事故、借金、相続、刑事事件、その他、多くの案件に携わっています。
 
特に、離婚案件では、これまでお会いした女性のご相談者の方が、相談開始以降、少しずつではありますが、目に見えてどんどん変化されていき、解決時には別人のように明るく生き生きとされているのを見るのがうれしく、望外の喜びです。

弁護士 川﨑 隆之介

IMG_4132.jpg  

経歴

  仙台で生まれる
  宮城県仙台第一高等学校 卒業
  東北大学 卒業
  東北大学法科大学院 卒業・修了
  弁護士登録 
2017年 仙台ソレイユ法律事務所 入所

 

所属

仙台弁護士会(登録番号54742)
 

趣味

私の趣味はロードバイクで、これまで、ツール・ド・東北に初回開催から参加した他、蔵王や裏磐梯、夏油などのヒルクライムイベント等にも参加してきました。
ロードバイクの他にも、フットサルやテニス、スノーボード等もやっているので、休日は体を動かすことが多いです。また、スポーツを観戦するのも好きなので、ベガルタやイーグルスの試合も現地に観戦しにいきます。

ご挨拶

私は仙台で生まれ、これまで、柳生中学校、仙台一高、東北大学、東北大学法科大学院を卒業・修了し、ずっとここ仙台の地で育ってきました。
緑が多く、人の温かみを感じられる仙台という街がとても好きで、学生の頃から、将来は仙台で働き、自分を育ててくれたこの地に恩返しがしたいと思っていました。

  IMG_4421.jpg

そのため、仙台で弁護士としてのキャリアをスタートさせられたことは、私にとって非常に大きな喜びでした。

私が弁護士を志したのは、小学5年生の頃で、ある映画を観たことがきっかけでした。無実の罪を着せられた被告人を弁護する敏腕弁護士の姿に憧れ、幼いながらに、自分も大きくなったらこんな仕事をしてみたいと思うようになりました。
 

IMG_4303.jpg   初めは単なる「正義の味方」への憧れから、この道を志し始めました。しかし、次第に、離婚、相続、交通事故、借金、企業経営、事業承継、刑事事件など、人生の大きな岐路に立たされた人々を助けることができる弁護士という仕事に、憧れ以上の魅力を感じるようになりました。

法律上の紛争を抱えることは、誰しも苦しく、辛いものです。そのような苦しみを抱え、途方に暮れる人々の力になれる弁護士こそが、私が夢見てきた弁護士像そのものです。
 
  悩みを一人で背負い込まず、ぜひ私たち弁護士にご相談ください。少しでもあなたの悩みが軽くなるよう、全力でサポートさせていただきます。 IMG_4330.jpg
 

logo_last_3d_rgb.jpg  

事務所のロゴマークは、輝く太陽と、それを支える両手や六法の本を表しています。ソレイユというのは、フランス語で太陽のことです。この事務所を設立する前から、ずっと私の中であたためていた事務所名です。
 

あなたが、再び太陽のような輝きを取り戻せるよう、法律という武器でお手伝いをしたい、との思いが込められております。

些細なことでも構いません、お悩みの際には、当事務所にご相談下さい。

 

離婚・相続問題のご相談なら仙台ソレイユ法律事務所へ 022-797-2426

ご相談の流れはこちら

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●ご相談の流れ

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-17-24高裁前ビル5階
TEL:022-797-2426 FAX:022-797-2427 
受付時間:平日9:00~17:00 相談時間:平日9:00~17:00(夜間・土日祝日応相談)
仙台の女性弁護士がクライアントのご相談に親身に対応致します。

Copyright © 2015仙台ソレイユ法律事務所 Co., Ltd. All Rights Reserved.