財産分与

財産分与とは、離婚にあたって、夫婦の間の財産をお互いで分けることです。
 
財産分与の対象は、結婚後に夫婦が協力して築いた財産です。
  IMG_7028.jpg

したがって、たとえば、結婚前にそれぞれががんばって貯めていた預貯金や、結婚前後にかかわらず、自分の親などから相続によって得た財産は含みません。

 
 
逆に、たとえ夫名義の預貯金や保険金、車、土地建物であったとしても、あるいは、結婚後の生活の中で、夫婦の収入をやりくりして得た財産であれば、財産分与の対象となります。
 
専業主婦であったとしても、夫を支え、家庭を支えてきたわけですから、財産分与にあたっては、5:5つまり2分の1をもらう権利があります。
 

財産分与で大切なことは

1 対象となる財産をもれなくリストアップする

相手に隠し財産がないか、こちらが把握していない預貯金口座や、生命保険はないかなどに注意が必要です。
 

2 離婚後の生活を思い描きながら、必要な財産を考えていく

財産分与の対象は、預貯金や現金だけではなく、住宅ローンの残ったマンションや、オートローンの残った車、子供の学資保険など様々です。

 

家に住む必要があれば、住宅ローンをどうするか、家の名義をどうするかが大事になりますし、子供名義の学資保険を継続したければ、契約者を夫から妻に変更するなどの手続が必要となります。
 
このように、単に、半分に分ける、というわけにいかないのが、財産分与です。財産分与こそ、専門家で経験豊富な弁護士の意見を聞きながら、丁寧に考えていく必要があります。また、自分に不利な分与内容とならないよう、交渉していくことが大事です。
当事務所では、財産分与について多数の解決事例があり、ご相談者のご要望を聞きながら、ひとつひとつの財産について、その特徴を踏まえて相手と交渉いたします。そして、名義変更や解約手続について、相手が信頼できない、という場合には、手続への立ち会いなども行っており、ご依頼者の財産が万全に守られるようサポートしております。